コインチェックのアプリの使い方の流れ

コインチェックにはスマホ用のアプリもあり、これをダウンロードしておくことで外出先や旅行先でもスマホ1つで簡単に取引が出来ます。
アプリの特徴としては分かりやすいチャートの表示、売買機能、送金や決済まで多種多様です。
そこで、コインチェックのアプリの使用の仕方についてご紹介をしていきます。

・コインチェックにはスマホ用のアプリもある
コインチェックのスマホ用のアプリは「Coincheckビットコインウォレット」で、iOS端末やAndroid端末に対応しています。
これをダウンロードしておけばパソコンがなくても、いつでもどこにいても仮想通貨の売買が可能になります。
コインチェックのアカウントを持っていない場合は、アプリをダウンロードした後でアカウントの登録を完了させましょう。

・コインチェックのアプリの使い方
コインチェックのアプリは登録が無料で、App StoreやGoogle Playからダウンロードできます。
アプリをスマホにダウンロードし起動させると、ログイン画面が表示され「すでにアカウントをお持ちの方はこちら」からメールアドレスとパスワードを入力します。
アカウントの登録をしていない人はここで登録を済ませるようにしましょう。

ログインが完了するとコインチェックのホーム画面にチャートと価格が表示されます。
チャートは線チャートとローソク足から選択できるので、自分が見やすい方で表示されるように設定しておきましょう。
また、左上の「三」をタップすると、チャートや送金、受け取り、取引履歴や総資産などのメニューが出てきます。
さらに、コイン購入やカード決済によるコイン購入、コイン売却や日本円での入出金、チャットなどもアプリで行えます。

このアプリを利用すればコインチェックのほとんどの機能が備わっているので、パソコンいらずとなります。
パソコンが家にない、自分用のパソコンがないという人の場合は、スマホからアプリをダウンロードしてアカウントを登録し、好きなときに仮想通貨の売買ができるようにしておきましょう。

コインチェックのアプリは無駄がなくて、とてもシンプルな作りとなっています。
これにより資産管理がしやすくなり、初めて仮想通貨を利用するという人でも安心して利用できます。
コインチェックのチャートを確認したいというだけであれば、アカウントを登録しなくてもチャートが見れます。
なので、仮想通貨に興味があるが購入するかは検討中という人は、コインチェックのアプリをダウンロードしてチャートを見ながら検討するのがおすすめですよ。