コインチェックの取引所で取引をすることは安全?

コインチェックは国内最大の取引所で、取引量はもっとも多いと言われているのですが、2017年に起こった流出事件からは、安全じゃないんじゃないの?と思っている人って多いと思います。
そこで、コインチェックは安全に利用できるのかについて考えて行こうと思います。

・コインチェックは自分でセキュリティを高めておけば安全?
コインチェックは安全性の高い取引所だと言われていましたが、2018年の1月にハッキング事件が起こりおよそ580億円が流出し、安全に利用できないのではないかと考えられています。
これまでは海外の取引所がハッキングされるということはあっても、国内の取引所がハッキングされることが少なかったため仮想通貨は危険だと思っている人もたくさんいると思います。

コインチェックがハッキングのターゲットとなったのは、やはり日本最大級の取引所だからという部分です。
これによりハッキングをする人が、たくさんの資産を手に入れることができると考えたはずです。
ハッキングについてはコインチェックだけが危険というわけではなく、仮想通貨を利用するユーザーが増えた以上どの取引所を利用していても必ず安全だということはありません。

・安全を考慮したいなら自分でセキュリティを高める
仮想通貨を安全に利用したいという場合は、取引所に安全性を求めるのではなく各自でセキュリティを高める必要があります。
各取引所では2段階認証という設定があり、この2段階認証とウォレットを使って安全に仮想通貨を利用できるようにしましょう。
国内の取引所では「資産を取引所に置いておくことは危険」だと認識されるようになり、ウォレットを使用し資産を移してハッキングや詐欺の被害にあわないようにすることが必要だと言われています。
なので、コインチェックの取引所を安全に利用したいのであれば、自分でセキュリティを高めて利用するのがおすすめです。

国内の取引所ではハッキングにあわないように、こういったサービスを使って安全に利用できるように提示している取引所もあります。
大規模なハッキングが行われてしまった今は、国内の取引所であったとしても必ず安全とは言えません。
コインチェックに限らずハッキング事件は今後も起こるのではないかと言われているので、自分の資産を守れるようにセキュリティを高めハッキングにあっても仮想通貨が引き出されないようにしましょう。
さらに、コインチェックでは条件付きで、第3者の不正ログインと引き出しに関して保証が受けられるサービスもあるので安全に利用できると思います。