コインチェックを利用するときの注意点

コインチェックを利用する上で特に注意しなくてはならない点はどこなのでしょうか。
コインチェックは初心者からも利用されることが多いため、注意点について分かりやすく明確にしておく必要があると思います。
そこで、コインチェックを利用するときの注意点についてまとめてみました。

・コインチェックは流出が起きたのでセキュリティを万全に!
コインチェックは流出事件が起きたことで、今後こういったトラブルに見舞われないためにもセキュリティを万全にしておくことが注意点となります。
ウォレットの使用はもちろんのこと、2段階認証を使って第三者に不正にログインされるのを防ぐように心がけましょう。

また、コインチェックをこれから利用するという人も2段階認証を行い、保証サービスが適応されるようにしておきましょう。
保証サービスでは2段階認証を行っている人、メールアドレスやパスワードを使い回ししていない人に限り、第3者に不正にログインされてしまった場合の保証が受けられます。
コインチェックでは最大100万円の保証までしてくれるので、確実に2段階認証を行っておきましょう。

・コインチェックは手数料が高いという注意点もある!
コインチェックは他の取引所と比べて手数料が少し高いと言われています。
クレジットカードを利用して仮想通貨を購入したときの手数料は、20万円分を購入したときに1万円分の手数料が発生してしまいます。
これはレートによって手数料が異なるため、毎回同じ手数料がかかるとは言えませんが、かなり高い手数料が引かれてしまうので注意しましょう。
また、コインチェックを利用したTaker手数料とMaker手数料は無料なのですが、Zaifではマイナス0.05%とかなり安い手数料です。
また、手数料に関しては取引する仮想通貨によって、手数料が異なるという場合もあるので入出金や送金などを行うときはいくら手数料がかかるかを調べてから行うようにしましょう。